ウルトラセルQプラス(HIFU)

ウルトラセルQプラス(HIFU ハイフ;高密度焦点式超音波) Jeisys社 

切らないリフトアップで効果を発揮するハイフ「ウルトラセル キュープラス」

重力や加齢で誰しもが必ず訪れる「たるみ」。従来までは、リフトアップの手術や痛みがある治療が多かったたるみ治療です。

今回、当院で新しく導入するたるみ治療は、切らないリフトアップで効果を発揮するハイフ「ウルトラセル キュープラス」です。
私も施術を行い、1回でフェイスラインがくっきり出て二重あごが軽減し、当院スタッフも施術を受けて、痛みがなくたるみ改善し今までにないくらい欲しい!と興奮したため、購入を決定した機器です。

「High lntensity Focused Ultrasound」の略で「HIFU ハイフ」と呼ばれています。当院には脂肪融解と皮膚タイトニング作用に優れた6種類のカートリッジでコンビネーション治療を行い、たるみ治療を行います。
元々は病院での医療現場(主に悪性腫瘍の治療など)でハイフ使われており、今回たるみ・肌質改善の治療として美容医療用に開発されました。また、いままでのドットカードリッジに加え、当院では最新型のリニアハイフのカートリッジも搭載しており、脂肪融解や皮膚のタイトニング、肌質改善も行うことができます。
リニア4.5mmとリニア2.0mmのカートリッジを使用し、主に二重あごやフェイスライン、頬の治療に使用しています。

ウルトラセル キュープラス

特徴

① 1回で効果を出したい。治療直後にみられるたるみ改善の効果
たるみの度合いにもよりますが、多くの方が直後からたるみ改善、フェイスラインが出てきたなどの効果の実感をしていただけます。当院では半顔終了後に鏡で見ていただきますので、ぜひ実感してください。治療後1~3カ月でコラーゲン再生がピークを迎えるので、2回の効果が得られます。直後は熱エネルギーによる脂肪細胞の破壊とSAMSアップによる効果、1~3ヶ月後は細胞修復によるリモデリング効果が得られます。

② 最新のリニアカートリッジで二重あご・フェイスライン・目元を同時に行えます。
二重あごのたるみのリフトアップ、フェイスラインを出す、目元のしわやたるみの改善、を同時に行うことができます。

③ 直後以降もコラーゲン生成で引き締め効果が続きます。
ハイフ(HIFU)治療によりダメージを受けた組織に対して、傷ついた部分を治そうと自己のコラーゲンやエラスチンを生成します。コラーゲンが増加することにより、照射部分の小じわの改善やハリ感アップ効果が得られます。コラーゲン再生は2~3ヶ月後に最も効果を感じやくすなり、半年間程度持続します。

④ 目元HIFU(ハイフ)!
目元の治療を、痛みのない、侵襲の少なく改善する方法は多くはありません。この目元HIFUは、その数少ない治療の中でも目元のしわ・たるみを、痛みなく照射することができます。これこそ、切らない目元治療です。目元のしわ・たるみが気になる方は手術を行う前に、ぜひ「目元ハイフ」をお試しください。

⑤ ボディーのはみだしている余分な脂肪にもHIFU(ハイフ)!
切らない痩身治療で痩せたい部位だけ脂肪を落としボディラインを整える治療法です。HIFU(ハイフ)による熱刺激により脂肪組織を破壊するとともに、たるみの原因となる周囲の線維組織のコラーゲン繊維が刺激されることにより肌が引き締まる効果が得られます。

ハイフ(HIFU)のカートリッジと作用(最新のリニアファームと従来のドットハイフ)

LinearFirm(リニアファーム)とは

脂肪溶解専用の線状照射HIFU
リニアファームは、二重アゴやブラファットといった脂肪層に効率よくアプローチするために設計された、線状照射方式によるHIFU(高密度焦点式超音波)テクノロジーを用いた唯一*の治療法です。元々リフトアップやタイトニングを目的として開発された点状照射方式のHIFU治療機よりも、脂肪溶解を目的としたリニアファームは、皮下組織(脂肪層)に対して均一かつ一度で広範囲に熱が広がり、従来のHIFU治療機よりも脂肪溶解に必要な温度での照射ができるのが特長で、二重アゴやブラファット、膝上の脂肪といった局所的なボリュームダウンを求める方におすすめの治療法です。
*2020年2月現在

リニアファーム 3つのポイント

① ダウンタイムなく脂肪溶解を可能に
ターゲットとなる皮下組織(脂肪層)に最適で均一な熱を与えることを目的として開発されたリニアファームは、HIFU治療機の約4.5倍*もの広範囲に熱影響を及ぼすバルクヒーティングシステムを搭載しています。また、独自開発した線状照射方式によって、ULTRACelQ+の照射スピードの2倍速*での治療を実現しました。
*ULTRACelQ+の点状照射との比較

② 従来のHIFUよりも痛みを感じづらい
痛みの原因は大きく照射時の1点あたりの焦点温度と焦点のフォーカス部分にあると考えられています。リニアファームは脂肪溶解に十分な温度の58℃前後でターゲットを熱するため、従来機よりも痛みがマイルドだと言われているULTRAcel Q+の点状照射治療の63℃前後を下回る温度で、さらに痛みの感じづらい治療が受けられます。
※痛みの感じ方には個人差があります

③ ULTRACelQ+ドットとの同時施術でさらに輪郭スッキリ
お顔全体のリフトアップ効果があるULTRACel Q+ドットの治療もリニアファームと同時に施術することができるため、組み合わせることでよりスッキリとした小顔を一度の施術で目指すことができます。

★お顔全体のブライトニングにも効果
リニアファームには真皮層をターゲットにしたブライトニング専用カートリッジもあります。リニアファームの基本設計であるバルクヒーティングシステムによってこの真皮層に熱を与えることで、創傷治癒作用が働き、コラーゲンの新生が促され、キメを整えくすみのないワントーン明るい肌へと導きます。

★こんな悩みに

  • 二重アゴが気になる
  • 脇や背中のはみ肉が気になる
  • Tシャツをすっきり綺麗に着こなしたい
  • 膝上のぶよぶよが気になる

肌質改善のリニア2.0mm

線状に局部を焼く58℃で加熱することにより、コラーゲン変性起こし、その部分が新しくコラーゲン形成されることにより、滑らかな質感と、赤ちゃんのような透明感やはり感を得ることができます。

脂肪溶解作用のリニア4.5mm

リニア4.5mmのハイフ照射は、脂肪層に58℃の熱エネルギーで脂肪を溶解して即効性のボリュームダウンのほか、1ヶ月から3ヶ月かけて新陳代謝によりボリュームダウンさせる特徴があります。脂肪が蓄積しやすい頬下やあごの下に適しています。1か月に1回を3回の照射で安定させます。

ボディーのいらない脂肪除去のリニア9.0mm、6.0mm、4.5mm

リニア9.0mm・6.0mm、4.5mmは皮下脂肪がターゲットになり、脂肪の広範囲が過熱され脂肪溶解することによりボリュームをへらします。膝の上のたるみや二の腕のたるみ、下着からはみ出ている脂肪を運動することなく、なくすことができると考えてみてください。

従来からあるドットハイフ4種類(1.5mm/2.0mm/3.0mm/4.5mm)

いままでのハイフのカートリッジで、表皮層はもちろん真皮層から皮下組織にまでしっかりと熱エネルギーを届けることができ、たるみの原因部位に点状に正確に照射していきます。皮膚の深層(※1SMAS筋膜)に到達するたるみ専用治療として、頬やあご周囲などたるみが顕著で脂肪などが多く存在する部位には4.5mmや3mmを使用し、目元や皮膚の薄い部位に関しては2mm、1.5mmを使用するなど目的に合わせて選択してゆきます。皮膚の浅い部分から深い部分のそれぞれに働きかけることにより、しわ・たるみの改善に効果を発揮します。

※1 SMAS(スマス)とはSuperficial Musculo-Aponeurotic Systemの略で、表情筋と連続し薄い筋膜のことです。皮膚よりも深い脂肪層と筋層の間にある薄い膜で、コラーゲンから出来ています。老化などによりSMAS筋膜の衰えは、たるみの原因になります。従来の照射治療では皮膚の浅い層までしか届かず、浅い部分での引き上げ効果のみでしたが、HIFU(ハイフ)は皮膚の土台であるSMAS(筋膜層)まで届くため、たるみの根本にアプローチします。HIFU(ハイフ)の熱エネルギーによってSMAS筋膜が収縮し、たるみが引き締まります。

目元HIFU(ハイフ)

目元HIFU(ハイフ)は下眼瞼のしわ・たるみ・目の下のふくらみを切らない方法で引き締め治療する方法です。目の周囲にもタイトニングが最も効果が期待されるドット1.5mmまたはドット2.0mmと目元のたるみ脂肪を融解する治療としてリニア2.0mmを使用ます。目尻の小じわなども引締め可能です。

当院で導入しているウルトラセルQプラスは、今までのHIFUマシンでは難しかった目尻の小じわなどの範囲が狭く皮膚が薄い部分にも照射することができます。頬やあごなどたるみが顕著な部分では3mm、4.5mmのカートリッジを使用し、目元の小じわなど皮膚の薄い層には1.5mm、2mmのカートリッジを使用するなど、部位や悩みにあわせて的確な照射が可能です。

ボディーはみ肉HIFU(ハイフ)

このネーミングは何だろう?と思った方がほとんどだと思います。
ひざ上に乗っかっているはみ肉、下着から飛び出ているはみ肉、二の腕の揺れるはみ肉、これらをなくす治療として行うためです。
これらの余計な部分が痛みのない治療で少なくなり、なくなったらどれだけ嬉しいか!そんな理由でこのネーミングにいたしました。切らない痩身治療ということですね。HIFU(ハイフ)による熱刺激により脂肪組織を破壊するとともに、たるみの原因となる周囲の線維組織のコラーゲン繊維が刺激されることにより肌が引き締まる効果が得られます。痩せたい部位だけ脂肪を落としてボディラインを整える治療法です。皮下脂肪の厚みのある部位に照射することが出来ます。皮下脂肪層をターゲットに集中させて照射することで、脂肪層を選択的に破壊することが出来ますので、皮膚表面へのダメージはありません。
ボディーの場合は、複数回の施術を行うことで、より効果を実感出来ます。

このような方におすすめです。

★とても効果あり

  • 二重アゴの改善
  • フェイスラインがない、フェイスラインを出したい
  • 二重あごのたるみ
  • 目の下のたるみ・目の下のでっぱり
  • ブラファットの改善
  • 膝上の脂肪の改善
  • 両頬が落ちてきている
  • ほうれい線が深い・注入せずに改善したい
  • 耳のうしろが張っている

★効果あり

  • 二の腕の引き締め
  • くすみの改善
  • 毛穴の改善

※妊娠中の方は治療できません。
※体内に金属機器、照射部位に金属糸などがあるかたの治療はできません。
※ヒアルロン酸などの注入を行っている場合は、事前にご相談ください。

治療回数

ハイフの治療効果は、1か月後から出始め、3ヶ月後にピークに達し、その後は徐々に低下していきます。
ハイフを1ヶ月に1回、その間に温熱メソッドでタイタンを行うと効果が高まります。
ハイフがはじめての方は、2回目までは1ヶ月に1回行うと持続力が高まります。
例:12月ハイフ 1月タイタン 2月ハイフ 3月タイタン・・・

施術の流れ

STEP 1 カウンセリング

治療前に診察でお肌の状態を拝見させていただき、お肌が治療に適している状態かをチェックいたします。初診料または再診料がかかります。
※、お肌の状態が治療に適していない場合は、治療をおすすめしない場合があります。

STEP 2 クレンジング

エステティシャンによる洗顔またはセルフ洗顔を行っていただきます。クレンジング、洗顔料は当院でご用意しております。

STEP 3 施術

ハイフ(HIFU)を施行し、半顔終了後に鏡で効果をみてきただきます。2回目以降は患者様からの半顔チェックの希望がなければ、そのまま施術を進めていきます。

STEP 4 アフターケア

直後からメイクをしていただけます。

治療時間およそ20分~30分程度です。コンビネーションや照射部位にもよります。
治療回数・頻度皮膚のたるみ治療の場合は、1か月に1回の治療を3回行うことで維持させます。ボディーの場合は治療回数がかかりますので、1か月1回の治療を3~5回ほど受けることをおすすめします。
痛み・麻酔痛みはありませんが、時々歯にしみるような刺激通を感じる方もいらっしゃいます。まれに施術後1週間程、筋肉痛のような痛みを生じることがありますが、一時的なものですのでご安心ください。
麻酔の必要はありません。
経過直後の実感もありますが、1か月後にからも引き締まり、引き上がります。
ダウンタイム治療部位がヒリヒリしたり、熱をもったり、軽度の赤みが生じることがありますが、通常1日で軽減します。
熱を加える治療のため、水ぶくれやかさぶたなどできましたら、すぐにクリニックへご連絡の上、医師の診察をうけるようにしてください。
メイク当日からメイク・洗顔など可能です。
シャワー ・ 洗顔 ・ 入浴当日はシャワー・洗顔のみ、入浴は翌日から可能です。
自宅での処置特に自宅での処置はございません。

 

ウルトラセルQプラス 施術料金表

ウルトラセルQプラス ハイフ(HIFU) ※多部位治療の場合はディスカウントしております。
お顔全体 1回 ドット4.5mm/3.0mm/1.5mm80,000円
あご下とフェイスラインのみ 1回 リニア4.5mm60,000円
お顔全体+あご下 1回 4.5mm/3.0mm/1.5mm120,000円
お顔全体HIFUシャワー1回 リニア2.0mm40,000円
ウルトラセルQプラス ボディーはみ肉ハイフ(HIFU)
両膝上 1回 リニア6.0mm/4.5mm50,000円
両脇や背中のはみ肉 1回 リニア6.0mm/4.5mm50,000円
二の腕 1回 リニア6.0mm/4.5mm70,000円
ウルトラセルQプラス 目元ハイフ(HIFU)
両目の下 1回 ドット2.0mm50,000円

ウルトラセルQプラスと併用をオススメの治療

タイタン
ウルトラセルQプラスで脂肪融解・お肌の引きあげを行った肌に、引き締め効果を持続するためにタイタンを行うことをお勧めします。
初めの2回はハイフを1か月ごとに行い、その後はタイタンで効果を持続させることが可能です。

ウルトラセルQプラス のQ&A

Q、エステのハイフ(HIFU)とはどうちがうのでしょうか。
ハイフ(HIFU)機器は本来がんの治療にも使われていた医療機器です。医療機器を医師以外のものが扱うことを考えていただければ、容易に想像がつくはずです。エステなどの安価なハイフ(HIFU)は出力が低いエステ用ハイフ機器ですが、医師などが対応できないためトラブルが起こることもあります。クリニックでのハイフ(HIFU)は当然ながら出力も高く、医療機関で医師の管理のもとにのみ使用できます。HIFU治療は信頼できる医師のもと、クリニックで行うことをおすすめします。

Q  治療回数は何回うけるべきでしょうか?
A  1回の施術でも効果的です。しかし、加齢や重量で時間の経過とともにリフト効果は減弱してゆきます。リフト効果を維持したいとお望みの場合は、4~6ヶ月に1回ほど継続して施術を受けられることをお勧めします。二重あごの施術の場合は、個人差もありますが2~3回以上の治療を推奨しています。

Q  麻酔は必要ですか?痛みはありますか?
A  基本的には、麻酔なしでの施術が可能ですが、ご心配がある場合は、医師にご相談ください。照射した際に、口周りやフェイスラインに照射を行っているときに軽い歯の痛み(超音波の刺激)を感じることがあります。一時的なものですので心配はいりません。この感じ方には個人差があります。

Q 効果はいつ頃から期待できますか?
A 施術直後から効果を感じることが多いのですが、2~3か月以降にコラーゲンの再生が起こり、より効果が増強します。このプロセスは、最長4ヶ月程度まで持続します。

Q施術時間は?
A 脂肪量、皮膚のたるみの具合、施術内容、照射部位によって異なりますが、全顔のたるみ治療の照射時間は20分程度です。詳細は医師もしくはスタッフにお尋ねください

Q腫れや赤みなどのダウンタイムはありますか?日常生活に支障はありますか?
Aありません。施術後すぐにメイクも可能です。稀に筋肉痛のような疼痛や違和感が伴うことがありますが、これらは一時的な反応です。

①ウルトラセルキュープラスは日本国内における薬機上の承認機ではありません。
②ウルトラセルキュープラスは医師が個人輸入により入手した医療器です。
③同一の性能を有する他の国内承認機はありません。